スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また秘書

8月から、ある意味騙されて
また派遣で役員秘書をやっております。

最初は4人体制だった秘書グループが
色々あって、今は40過ぎた中年女2人で
約6人のジジ役員をお世話。

ちなみに私は、ろくに引継ぎもしてもらわないまま
会社のトップの秘書を押し付けられ。。。
今まで秘書2人でやってた仕事を
私1人でやらないといけないので、
それはもう大変なんてもんじゃない。

昼時間もろくにとれず、ほぼ毎日7時半まで残業。

この状況だと、もう一人のババ秘書と
協力し合ってやらないと
やってけないんだけど。。。

これが、

すんげーーーーヤな女なんだよね!!!

とにかく、教え方が雑で、
中には私に嘘を教えやがって、私がボスから激怒されることも。

「忙しそうだね、私にできることがあったら手伝うよ~」とか言うから
早速頼んだら、
「やっぱできなかったから返す」
と中途半端な状態でつっ返して来たり、
たまに何もやらないまま放置してて、これまた私がボスに怒られる。

私が休んだ時なんて、さも私が情報共有してくれないから自分はわからない、
みたいは余計なアピールをボスにしやがって、
おちおち休むこともできやしないよ。

しかも私がボスに怒られると、嬉しさを隠しきれない
満面の笑みで、

「私もよくそれで怒られたよ~~~、ひどいよね~~!」

ふざけんな!!!!

先月で突然契約を更新されずクビになっちゃった派遣の子も、
実はババアが犯したミスをなすりつけられ、辞めされられたっぽい。


ただこの2か月間、ボスには色々怒られたけど、
最近ようやくお互いのことがわかってきたせいか、
うまくコミュニケーションがとれるようになってきた。

と同時にボスの口からポツポツと、
ババアの無能さに対する不満が。。。

( ´,_ゝ`)プッ 

ババアめ、

次はお前の首が飛ぶ番だぜ






スポンサーサイト

中年ダイエット

うつ療養中、ずっと自宅に引きこもってたお蔭で、

土偶になっちゃいました。
土偶 

頑張ってホットヨガに通ってみたけど、
肩こりは治ったが、体重に対してはさほど効果なく。
てか、すごい人気で、予約はなかなか取れないわ、
取れても超満員で隣の人とぶつかりまくるわ、
汗臭いわ、シャワーは長蛇の列で入れないわ、で、
そっこーやめた。

でも、食事制限しても自己流ストレッチしてももはや
まーーーーったく痩せられないし。。。

最後の手段で、25万かけて人生初の痩身エステに
通ってみた。
TVでよく見る、安っぺえビキニ着せられ、
色んな電流流したり揉んだり熱せられたり。
しかもこれまたなかなか予約が取れず、
12回分のチケット使い切るのに半年かかり。

ようやく迎えた最終日の計測では驚くなかれ。

初日測った時より体脂肪が増えてた

腹・太腿・二の腕は1cm程度減っただけ。
なんじゃーーーーい

唯一大幅に減ったのはウエストだけ。
ちなみにこのウエスト、今回のエステでは対象外。
つーことは、TV見て自力で始めた「つんつん体操」と
ワンダーコアが一番効果的だったってことじゃん!

エステティシャンも自分らが施術してないとこだけ
痩せたもんだから、言葉失ってたね。
一番言葉を失ったのは私だってんだよ

結局エステでは、施術料の他に、10万の美顔器と
1万円の加圧ソックスを売りつけられ、大赤字。
もう2度と行かねーーー。

その後は、久々の加圧トレーニングで筋肉を鍛えたり、
「皇潤」でおなじみのエバーライフが出してる
ダイエットサプリを気休めに飲み始めたり。。。

当然、目標の体重には遠く及ばぬまま現在に至る。
もはや完全諦めモードで、体重計に乗ることすら拒否ってる。

ちなみにこれはダイエットではないけど、
長年気になっていた「歯ぎしり」についてネットで調べたところ、
美容整形でよく聞く「ボトックス注射」ってのが
簡単で即効性もあると知り。
要は、ボトックスを顎に注入させることによって
噛む筋肉を弱らせ、歯ぎしりをできなくさせるという
画期的処方。
しかも筋肉が衰えるので、小顔効果もあるらしい!!

当然食いついた。

2回注射して8万円。

確かに数週間すると、顎を動かすのがだるい感じになってきて、
夜中に自分の歯ぎしりで目を覚ますことは無くなった。
すばらしい!!
ただ。。。小顔効果。。。。は。。。。
1か月半経つけど、全くナイ。
人によっては効果が表れるのに2か月程かかるらしいが、
どうだかなぁ~。

久々に会った前の会社の同僚じじいからは、
「お前、すごい太ったな! 今一体何キロあるんだよ!」
と爆笑されたくらいだから、小顔どころか
きっとこの先もなにやっても土偶のまんまってことだよ。

旦那には、小顔効果を確認するため3日おきに
自撮りしてた写真がバレて、
「おまえ、出会い系用の写真でも撮ってるのか!」

ばかじゃないの。


はーーーーーーーーーー。

この1年、土偶がただ貧乏になっただけに終わったわ。

せつない(--)



うつからの復職状況

うつ病を克服した頃に作った、
マクラメ編みのプラント・ハンガー。
DSC_0170 (1)

キットになってたので、初めてでも、
1個2時間くらいで簡単に作れました


うつ病を克服した(と自分で思っている)時から
約半年が過ぎー

最初は自宅近くで、単純作業の安~い派遣の仕事から始め、
徐々に社会に出ていく自信がついてきたので、
今年3月からは都心にあるちょっと大きめの企業で
また派遣として働き始めました。

でも、これはうつ病の後遺症なのかわからないけど、
他人に対してものすごく無関心になった気がする。

以前は秘書という立場から、社内のほとんど全ての部署の人達と
うまく付き合うことに重点を置いていたけど、
今やもう、派遣という立場も利用して、ほぼ上司以外とは
付き合わない、付き合おうとしない、超閉鎖的な人間にヽ( ´_`)丿

しかも上司がまた若いママさんなんだけど、
超多忙な上に時短勤務中の為、ゆっくり話す暇もなく、
お蔭で指示はほぼメールで送られてくる状態。
そもそも席も遠く離れてるしね。

よって、いちいち面と向かって話すストレスもなく、
仕事内容もこれまで経験したことのあるものばかりなので、
ほとんど教えを乞う必要もないし、ミスして怒られることもない。
一緒に仕事をする仲間もいないため、誰に気兼ねすることもなく、
ひたすら一日中、メールで送られてくる指示に従って
一人黙々と業務をこなしー
定時になったら誰よりも早く家路に向かうという、
ロボットのような毎日を送っております。

ランチも、都心のビル街では一人で食べてる女性なんて
沢山いるので、ぜーーんぜん目立たないし!

1度だけ、私の後に同じ派遣会社から入ってきた子を
ランチに誘ってみたけど、

1度で終わった

だってもう、初対面の相手と話を合わせることが
めんどくさいんだもん!!!

お蔭で、人間関係を断った今や、
愚痴ることがなくなったわ+゚。*(*´∀`*)*。゚+

唯一あるとしたら、私の隣に座ってるアラサー派遣の女どもが
仕事中にもかわからず、ずーーーーーーーっと
キャッキャキャッキャ
くっちゃべってることくらいかね

でもまぁ、それも所詮、
「赤の他人のこと、私には全く関係ない人達」
なので、心底どうでもいいって感じ。

とにかくもう、

他人に気を使うくらいなら、1人のほうがいい

ある意味、鬱になったおかげで
自分のペースで生きることが出来るようになったのかもしれない。

ただの、年のせいかもしれないけどね~(-∀-)


経過良好!

「ひげ、切られたんですけど」
ひげ

先日の定期検査(エコー)で、診察室から戻ってきたら
この状態になってました。
写真がボケボケでわかりにくいけど、右側が半分になってます。
今まで切られたことなんてなかったのに、意味不明。

しかも、検査前は12時間絶食しないといけないのに、
父が検査直前に餌を与えてしまったお蔭で、
腎臓の値がめちゃ上がってました。

ばかーーーーーっ!!!!

まあ、それ以外の膵臓や脾臓については小康状態ということで、
とりあえずこの半年間飲み続けてきたステロイド剤をやめて、
漢方薬に変更してみることにしました。

猫にも漢方なんてあるのねーーー。

一日2粒で160円。
1か月4800円。

ちなみにこの漢方は人間同様、1か月以上飲み続けないと
効果がわからないらしく、とりあえず1か月お試し。

飲み始めて1週間経ちましたが、嘔吐がぶり返すこともなく、
うんPも人間のか?!ってほど巨大なのを毎日練り出してくれてます。

このまま元気に長生きしてね~~~

ご心配おかけしました



大学病院に移ってから、膵炎の治療と同時に脾臓の状態を
経過観察してましたが。。。

膵炎・十二指腸の炎症が沈静化する中、
脾臓の影は小さくなることも薄くなることもなく。。。

2月のエコー検査ではとうとう、
真っ白に石灰化した白い点が数個発見され。。。

いつもは温和な先生も
この時ばかりはいつもと違って切羽詰まった感じで、

「この1か月で予想外の展開が起きてます。
もしかしたらリンパ腫の疑いがあるので、
至急、針で脾臓の組織を取って検査に回したほうがいいと
思いますが、よろしいですか?!」


と。。。

リンパ腫

リンパ腫。。。って、全身に転移する
癌の中でも一番ヤバいやつ。。。じゃない。。。?

「万が一リンパ腫だったとなると、申し上げにくいですが
長くて余命10か月です。
そうなるともう、脾臓を全摘する治療でなく抗がん剤治療をすることになります。」

「・・・・・・・・・・・・」

「とりあえず今日、針で組織を取って検査しますが、
それだけでは完全にはわからないこともあり、
また万が一リンパ腫だった場合、
そのリンパ腫の種類を調べないとその後の抗がん剤治療の方針も決まらないので、
同時にナンチャラ検査と遺伝子検査もしたほうがいいと思いますが、
どうしますか?!」


この時点で私の頭の中はもう“余命10か月”しか残っておらず―
その後の説明も全く理解できなくて。。。

多分その時の私、ものすごい顔になってたのだろう―

先生もここまで説明したところで、
ようやく私の精神状態に気づいたらしく、

「今私は最悪の場合を言ってるだけで、
まだリンパ腫だと決まったわけじゃないですからね!」


それから検査結果がでるまでの1週間はもう、
生きた心地がしなかった。

ネットで調べれば調べるほど、
完治の可能性はゼロに近いこととか、
ガンがどこの臓器で発生するかによって症状が違うこととか、
抗がん剤治療はかなりきつい副作用が出ることもあるとか、
猫にとって辛い治療を取るのがいいのか、残りの人生を自然の力に任せて
自由に過ごさせてあげるほうがいいのか、飼い主の選択を余儀なくされるとか、

もう、辛くなる情報ばかり。

旦那からは、
「まだリンパ腫だって決まったわけじゃねーんだから、
余計な情報仕入れるんじゃねぇ」
決まってから考えろ!!!」


と怒られながらも、ある程度心の準備をしておかないと
私自身、検査結果を聞いたときに正気でいられるか自信がなくて。。。
検査結果の連絡も、私でなく旦那の携帯にしてくれと
病院にお願い電話したくらい。。。

そして暗黒の1週間が経過。

リンパ腫じゃなかった!!!!!

帰宅してきた旦那が突然私に言い放った。

「は?」

先生から旦那の携帯に連絡があって、
すべての検査でリンパ腫は見つからなかったので、
安心していいと言われたそうだ。

。・°°・((((≧□≦))))・°°・。ウワーン!!
大号泣。
よかった。。。よかったあああぁあああ!!!

さすがの旦那も電話で泣いたらしい。。。

ただ脾臓に異常があることは変わらないので、
このまま定期的にエコー検査で様子を見る必要はあるとのこと。

こんなに元気でこんなに愛くるしいのに、
やっぱり13歳という年齢は無視できないんだね。。。

ただ最近、プリンセスが逆に私を心配そうに見る瞬間があって、
もしかしたらプリンセスのほうがよっぽど強くて、
すでに自分なりに自然の流れを理解し、
全てを受け入れているんじゃないかと思うことがある。

最愛のプリンセスが最幸の人生を送るために、
私も強くならないとね。。。
DSC_0151.jpg






sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。